2005年11月04日

日本の携帯電話

日本で、携帯電話が発売されたのは1987年で、市販受信機による傍受が可能なアナログ式であった。
1993年に傍受が困難で周波数帯域の効率のよいTDMAの第二世代携帯電話(2G)(PDC方式)がNTTドコモにより開始された。
そして、2000年10月以降は、すべてデジタル式となっている。

2001年には通信速度の高速化、電波利用効率の更なる改善、通話・通信品質の向上、国際ローミングサービスの拡充などを目的としたCDMAの第三世代携帯電話(3G)(FOMA、W-CDMA方式)がNTTドコモにより開始された。
なお、日本以外ではアナログ式が残る地域(例・北米)も存在する。

【関連する記事】
posted by モバイル広告 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(1) | モバイルの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

モバイル広告
Excerpt: 注目のモバイル広告の未来。
Weblog: モバイル広告
Tracked: 2005-11-30 17:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。