2005年11月04日

携帯の発見

携帯電話(けいたいでんわ)は、移動しながら使用できる、携帯可能な小型電話機。電波での無線通信によるマルチチャネルアクセス無線技術を利用する。
また、同電話機による移動体通信サービスの事を言う。

電気通信役務の区分では、かつての自動車電話から発展した電話網を指す。
各種統計などでは、第二世代デジタルコードレス電話を起源として異なる発展をしたPHSを含むことも多い。(なお、通信衛星による自動車・携帯電話に関しては衛星電話の項を参照のこと。)

端末(電話機)は単に、「携帯」と呼ばれることも多い。
文字では「ケータイ」「ケイタイ」と表記する場合もある。
当初はストレートタイプがほとんどであったが、メールやカメラ機能などが充実するにつれて、今日では大画面化に有利な折りたたみ式が主流になっている。
また最近では液晶画面を常に外側に向けておくスライド式や、折りたたみ式の画面側が回転するものも増えてきている。

なお日本では、1999年11月から自動車・オートバイを運転しながらの電話(電話機の表示画面を見る事を含む)が法律で禁止(2004年11月から無条件・罰則対象)されたため、運転者は停車中だけしか使ってはならない(ハンズフリー使用等は対象外)。
posted by モバイル広告 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイルの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。